持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

マンションは集合住宅

多くの人が集まれば、時にトラブルが発生します。
公共施設や乗り物でも、そういう傾向があり、マナーの良い日本人であっても、限界があると言えば、それまででしょう。
賃貸マンションでも、一つの敷地で複数の人が暮らしているため、時にトラブルが発生します。
多い事例としては、騒音であり、マンションばかりでなく、一戸建てにおいても、起こりがちなものです。
マンションであれば、夜中の話し声、ステレオの音、子供の足音などです。
防音措置などを自分なりに施すことで、環境改善が見込めますが、それでも、体に伝わる振動音には、限界があるようです。
そうして、あまりにも度を超した感じがすれば、騒音元のところに押しかけ、トラブルへと発展します。
時にニュースなどになることもあり、明日は我が身という言葉がありますが、集合マンションにおいては、それが切実な面があることは否めないでしょう。
トラブルが発生した場合、不動産管理会社などに連絡することが、第一の選択となります。
それでも、チラシなどの配布までが限界である面もあります。
最終的には、裁判となりますが、音については、主観的な要素が強いため、なかなか客観的な証明ができないという傾向もあります。
この点もまた、厄介な問題であり、余裕があれば、引越しをするか、あるいは、先で言及している防音措置の一環として、遮音性の高いイヤホンやイヤーマフをするなどが、現実的な対処のようです。
また、所有物に関するトラブルも、賃貸マンションではありがちなトラブルとなっています。
たとえば、廊下に物を置いていたため、近隣住民が怪我をしたとなれば、所有者の過失となり、損害賠償が発生します。
最近では、ペットが案件が増えているため、ペットを巡るトラブルも多々あるようです。
ペットの場合も、飼い主の所有物と認められるため、もし近隣住民に怪我などをさせれば、損害賠償責任が発生します。
もっとも、ペットを飼っていても、騒音問題が引き起こされます。
犬が典型的なものですが、一日中泣きやまない、あるいは、部屋の中を走り回る音がするなどがあります。
ペット可案件であれば、ペットを飼っていない人も多々暮らしています。
すべての人がペット好きでないということは、賃貸マンションでも、重々理解しておくべき点なのでしょう。
いずれにせよ、賃貸マンションのような集合住宅では、時にトラブルが発生します。
結局は、一人一人のマナーが大事であり、常識の範囲内で振る舞うことが、トラブルを未然に防止することになるのでしょう。
Copyright (C)2018持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点.All rights reserved.