持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

金銭が賃貸の要

経済の要となっているのが、お金となっています。
実に当たり前のことですが、現在の交換価値であり、金銭対価によることが、取引の基本です。
そうであるからこそ、通貨供給などが、時に経済政策の重要ポイントにもなるのでしょう。
賃貸もまた、そんな取引に基づいたものであり、金銭対価を主としています。
家賃を支払うことで、他人の所有している不動産を使用できるもの、と簡略的に言えるでしょう。
そうであるからこそ、契約については、十分理解していることが大切です。
家賃を元にし、計算がなされます。
内訳としては、前家賃、敷金、礼金、仲介手数料になります。
これに、保険料が加算され、物件などによって、保証金が発生します。
まず、前家賃ですが、通常、賃貸は翌月分の家賃を前もって支払う形になります。
法律上、当月分を当月で支払っても問題はありません。
しかし、賃貸のあり方としては、慣習的に前家賃となっているようです。
次に、敷金になりますが、これは担保金のようなものです。
退去の記事で詳細を説明しますが、退去ののちに、ケースによって、修繕費用に充当される可能性があります。
また、礼金ですが、これは慣習上のお金のようです。
始まりには、諸説あるようですが、オーナーへのお礼金となっています。
さらに、仲介手数料ですが、これは不動産屋の取り分です。
マージンとも言えるのでしょうが、不動産屋の利益となっているお金です。
以上、賃貸契約の主要部分となっている費用です。
これらは、家賃分相当のお金を元に計算され、通常1から2ヶ月分となります。
仮に家賃を十万円とすれば、最低40万円のお金が必要ということです。
また、保険料は、火災保険への加入料です。
賃貸物件であれば、生活上、自らの過失で建物などに損傷を及ぼしてしまう可能性があります。
損害金が請求されることもあり、それを賄うためのお金です。
火災保険となっていますが、必ずしも火災だけが対象とはなっていません。
所有物による事故なども保障され、ペットのよる損害も、火災保険で支払うことができます。
物件規模にもよりますが、概ね数万円代のようです。
さらに、保証金は、保障代行会社を利用した時のお金です。
通常、連帯保証人を立てることになりますが、それをしない、あるいは、オーナー自体が求めている場合に、利用することになります。
これもまた、数万円程度のお金であるのが、一般的であるようです。
なお、賃貸には、更新がありますあります。
物件で異なりますが、家賃相当分と仲介手数料、さらには、保険料などを改めて支払うようになります。
保証金があれば、それも加味されるようです。
Copyright (C)2018持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点.All rights reserved.