持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

種類もチェックしよう

デザイナーズマンションとペット可マンションについては、すでにお話しました。
デザイナーズマンションは、建築家のコンセプトを重視し、生活空間以外の楽しさをも追求しているようです。
あるいは、ペット可マンションは、近年のペットブームを反映したようなものです。
かつてでは考えられなかった犬との暮らしが、今では賃貸マンションで実現できるようです。
しかし、マンションの種類は、ほかにもあります。
たとえば、高層マンションというものがあります。
その名のように、高層型のマンションであり、数十階建てであることが、通常のようです。
階層が上がれば、それだけ、賃貸の家賃が上がる傾向です。
これは、分譲マンションであっても同様であり、眺めがいい部屋程、価格が高くなっています。
また、タワー型マンションも、階層のあるもので、高層マンションの一形態ですが、その名の通り、東京タワーのような形となっているものです。
こういう階層のあるマンションでは、屋上にヘリポートなどが設置されています。
避難のための措置であることが、一般的であるようです。
また、ペット可マンションの中でも、施設が充実しているものがあります。
たとえば、犬のための施設があり、ドッグランが設置されていたり、あるいは、犬のための洗い場などがあります。
さらには、猫が付いてくるマンションもあります。
レンタル猫のようですが、退去する際、飼い主として一緒に引越すことも可能となるようです。
また、学生専用マンションがあります。
大学が運営していれば、学生会館とも言われますが、男女が別棟で暮らし、自由に行き来できないことが、一般的であるようです。
さらには、高齢者マンションもあります。
老人ホームの形をとっているところもあれば、そうでないケースもあるようです。
あるいは、ウイークリーマンションやマンスリーマンションがあります。
これらは、賃貸マンションの一形態ですが。
週毎、あるいは、月毎で家賃が発生します。
長期で暮らすと言うよりも、短期で暮らす事に向いているようです。
出張する人、あるいは、リフォームで一時的に自宅で住めなくなった人、あるいは、留学生などが利用することが多いようです。
一説によれば、不動産会社が所有しながらも、人がなかなか埋まらない分譲マンションなどが利用されているようです。
ある意味、ホテルのようなマンションとなっています。
このように、マンションと言っても、色々なものがあるようです。
Copyright (C)2018持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点.All rights reserved.