持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

自分で賃貸

このサイトでは、自分が借りる立場として、賃貸マンションの総合的な解説を試みました。
契約費用や退去時のことなど、重要点を集めたつもりです。
しかし、今の時代であれば、一般のサラリーマンでも、オーナーとして賃貸マンション経営に参加できる可能性があります。
つまり、投資対象としての賃貸マンション経営です。
現在、共同オーナーというものがあり、少ない出資で、マンションの経営者となれるようです。
分配金がもたらされるようで、この点では、投資信託と似ているようです。
インターネットなどでも、募集がかけられ、多くの人が将来のために利用しているようです。
しかし、賃貸マンション経営の醍醐味と言えば、やはり、建物をそのものを購入し、それを貸し出すことでしょう。
経営者用の売買サイトなどもあり、多くの人が参加しているようです。
賃借人の経験があれば、家賃収入が比較的安定したものであることは、理解できるでしょう。
入居者の確保も大事ですが、できるだけ、長く住んでもらうことが、利益につながります。
そのため、建物の設備面の充実さも大事なようです。
今の時代であれば、防犯は大事なことです。
オートロックやカメラの設置などは、当たり前のように行われています。
あるいは、ペットを飼うことを許可することも、時代の流れに沿ったものでしょう。
なにより、インターネットが自由にできることは、大事なことでもあります。
最新の回線を無料でできるようにしているところもあります。
あるいは、CATV視聴ができるようにし、無料で開放しているところもあります。
もっとも、費用はオーナーが支払い、各企業とは、特化された契約などを結んでいるようです。
いずれにせよ、マンション経営には、付加価値を大切にすべき点があります。
安定した収入を得るためにも、この視点を忘れないようにすることが、重要でもあるようです。
なお、賃貸マンション経営には、建物全体もあれば、一室の貸し出しもあります。
これは、分譲で購入した一室を貸し出すものです。
分譲賃貸の一種でもあり、安定した収入につながる可能性があります。
不動産管理会社を間に立てることもできるようです。
ただし、その場合、仲介手数料などが掛かる可能性があります。
それを家賃に含める方法もありますが、そうした場合、建物とのバランスが合うか否かが問題となります。
この点を十分念頭に入れておくべきでしょう。
今の時代では、個人もすぐに投資家となれる時代のようです。
おそらく資産運用も、大きく関係しているのでしょう。
Copyright (C)2018持ち家生活と賃貸生活の決定的な相違点.All rights reserved.